脂性肌の人が間違いやすいスキンケアの方法

洗顔

肌のタイプには個人差があり、
最適なスキンケアの方法も肌質によって変える必要があります。

 

脂性肌の人のスキンケア

脂性肌の人はスキンケアを控え目にする人が多いですが、肌のコンディションを整えるためにはスキンケアは重要な役割を果たしています。

 

どんな肌タイプの人でも、1日が終わったらメイク落としや洗顔ケアをしっかり行って、スキンケアを施すことを習慣にするといいでしょう。

 

洗顔のコツとしては、肌に負担を掛けないように、
弱アルカリタイプの洗顔料によって、たっぷりの泡を使った洗顔をします。

 

額から鼻にかけてのTゾーンは皮脂の分泌が盛んなので、洗顔剤の泡を優先して塗り広げ、油分を溶かし出します。

優しいタッチで洗顔するのがポイントで、特に目元や頬骨の辺りは皮膚が柔らかいのでゴシゴシこすらないよう特に注意しましょう。

 

洗顔後の保湿

洗顔を終えたら、ちょっとずつ化粧水を皮膚に含ませます。

保水効果の高い化粧水を皮膚の隅々にまで浸透させることで、指の腹がお肌の弾力に押し返されるような感触になります。

 

スキンケアを行う時には、必ずしも乳液やクリームはいりませんが、使う場合はさらっとしたものが適しています。

脂性肌の人のスキンケアも、洗顔に関しては他の肌質の人と同じ方法です。

 

肌から分泌される油脂分が多い人は、
顔を洗う時は熱心だけれど、クリームや乳液をつけるスキンケアは積極的にはならない人もいます。

 

実は脂が出てくる要因は乾燥であることが多いんですね。

ですので、洗顔後の化粧水は浸透性が高く、肌にしっかりしみこむタイプのものを選びましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る